山形県ってこんなトコ

 
●概要
東北地方南西部に位置し、日本海に面するする県。県域の大半を山地が占め、県中央部に日本三大急流のひとつ最上川が流れる。

県内全域が日本海気候であり、一部例外もあるが県全域の大部分が特別豪雪地帯である。また、春季〜夏季にかけてはフェーン現象が発生しやすく、猛暑に見舞われる日数も多い。

●観光
全市町村に温泉が湧出するなど観光資源に恵まれている。特に蔵王連峰の中腹に位置する蔵王温泉は世界的にも有名で、奥羽三高湯の中でも最古の「いで湯」として数えられ、冬季は日本でも有数の一大スキーリゾートとしてその姿を変え、蔵王といえば”樹氷”というほど山々に連なる樹氷の幻想的な景観は冬の観光地として世界的にも名所。

また、8月に行われる「花笠まつり」は現在では東北四大祭りの一つとして知られるようになった。「ヤッショ、マカショ!」の掛け声と花笠太鼓の雄大な音色は一見の価値あり。


●グルメ
全国でも有数の麺類の消費地である。中でも「米沢ラーメン」「酒田ラーメン」などが有名。

近年、広く知れ渡った「だだちゃ豆」、お好み焼きに似た「どんどん焼き」などの屋台が街中に出店され、存分に味わうことができる。
また、納豆を使った郷土料理「納豆汁」は、すり鉢で納豆を細かくすりつぶすのが山形流。一見食べられないという方もいるかもしれないが、意外とやみつきになる。

昨今、テレビや雑誌などでも多く取り上げられる「平田牧場」の豚肉が話題急上昇。
他に、芋煮、いなごの佃煮、ずんだ餅、柚餅子(ゆべし)などが代表グルメとして挙げられる。


 戻る



 Copyright(C) santyokunavi.net(産直ナビ.jp) All Rights Reserved